スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまおとこ

Nothing's on my back because I wanted it with you
And I want you too… I want you
I'm still at my prime because no one will let it through
I want you to… I want you to

You're caught up in the morning rain
As always, you have called me again
I'll be there by seven, but I should've said eleven
Well just to make you teased again

I hop out from the quiet bed
I hop on to the private train
Takes forty minutes ride from here
To apartment where I aim to appear

I'll be you're umbrella and I'll save you from Cruella everyday
So don't you shut me out of there as soon as all the sky is clear
Because

Nothing's on my back because I wanted it with you
And I want you too… I want you
You're still at our flat where we kissed in every nook
That makes me so… that makes me so…

Good old station welcomes me
I used to use it every week
Attendant still remembers me
And gently he says, 'Where 've you been?'

I've been round in circles like an overturning turtle, I guess so
I'm trying to overturn again but water in this pools me in

Nothing's on my map because I wanted it with you
And I want you too… I want you
Lasting dream won't last, I guess this saying's coming true
I bet you so… I bet you so

I finally arrive at Hilton suite
It's 6:08 but I rang the bell
I gave her name and suddenly,
The rain has stopped to fall, and breezed

(Way to go way to go way to go
Where to go where to go where to go
Where do you go where do you go)

She answers me on entry phone
My duty has been canceled off
She said she's going out with friends
Now, there's nothing that I can say
Because I'm in charge of rainy days

Nothing's on my back because I wanted it with you
And I want you too… I want you
I'm still at my prime because no one will let it through
I want you to… I want you to…
I miss you so… I miss you so…
I kissed you though… I kissed you though…









七ノ歌は25コ目の染色体の延長線上の曲延長線上の曲で
雨音子も傘拍子の延長線上の曲であるとかいてあります。
つまり、七ノ歌は25コ目の染色体の続きで
雨音子も傘拍子の続きみたいな意味。



続きは和訳
僕の背中にはもう誰もいないよ
君のためにおんぶが必要だったから
僕には君も必要なんだよ…
本当に君がいるんだ

僕は今でもまだ青春にいるよ
誰も最後までキスをしてくれるなんて思わなかったから
僕には君も必要なんだよ…
本当に君がいるんだ

君は朝雨に巻き込まれた
いつもみたいに、君はまた僕に電話したね
僕は7時までにそこに行く約束だったけど
こんなんなら11時にすれば良かったね
そんなこんなで また君を困らせていたみたい

僕は静かなベッドから外に飛び出して
誰もいない列車に飛び乗った
ここから40分かけて
君のいるアパートを目指すんだ

僕が君の傘になろう
僕がいつだってクルエラから君を守るよ
だから僕を雲で閉じ込めないで
そうすればすぐに空は晴れるから
だって、僕は…

僕の背中にはもう誰もいないよ
君のためにおんぶが必要だったから
僕には君も必要なんだよ…
本当に君がいるんだ

君は今も 僕らが色んなところで
キスを交わした僕らのアパートにいる
そう思うと僕は…
僕は…

懐かしい駅が僕を迎えてくれる
僕は以前 毎週のようにそこを利用してたんだ
駅員さんは今でも僕を覚えてくれていた
そして穏やかに言うんだ 「ずっとどこへ行っていたの?」って

僕は引っくり返った亀みたいに ずっと足掻いてるんだ
自分でもそうだと思うよ 本当に…
僕はまた引っくり返ろうとしてるわけじゃなくて
水たまりに入ろうとしてるんだ

僕の地図にはもう目的地がないよ
君のためにそれが必要だったから
僕には君も必要なんだよ…
本当に君がいるんだ

一途な夢はかえって続かないもんだよ
僕はこのことがいつか現実になると思うんだ
そう君に言い張るよ…
きっとそうなるよって…

僕はようやくヒルトンスイーツに辿り着いた
時間は朝の6時8分 それでも僕はベルを鳴らしたんだ
僕は彼女の名前を呼んだ
すると突然 雨が止んで そよ風が吹いた

彼女は僕にインターフォンで答えたんだ
(やるべきことがあるでしょ)
僕のやるべきことはなくなったよ
(行くべきところがあるでしょ)
今、僕が言えることは何もなかった

彼女は友達と一緒に外へ行くと言った
(あなたはどこへ向かうの)
今、僕が言えることは何もなかった
だって、僕は…

雨男だから

僕の背中にはもう誰もいないよ
君のためにおんぶが必要だったから
僕には君も必要なんだよ…
本当に君がいるんだ

僕は今でもまだ青春にいるよ
誰も最後までキスをしてくれるなんて思わなかったから
僕にはやっぱり君が必要だよ…
本気でそう思ってるんだ…

君がいなくて寂しいな…
隣を見ても、本当にもう君はいないね…

君と「さよなら」のキスを交わしたけど…

だけどやっぱり…

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。