スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃかい

総務・地域主権推進=片山善博
法務・拉致=柳田稔
外務=前原誠司
財務=野田 佳彦
文部科学=高木義明
厚生労働=細川律夫
農水水産=狩野道彦
経済産業=大畠章宏
国土交通 沖縄・北方=馬渕澄夫
環境・防災=松本龍
防衛=北沢俊美
官房=仙石由人
国家公安 消費者・少子化=岡崎トミ子
郵政改革・金融=自見庄三郎
経済財政・科学技術=海江田万里
国家戦略・「新しい公共」=玄葉光一郎
行政刷新 公務員制度改革 留任=蓮舫


―――――-----------ー---ー------------――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・普通選挙 秘密選挙 直接選挙 平等選挙
・マスメディア=報道や世論調査などにより、世論の形式に大きな役割
すべてが正しい情報ではないので自分で正しい情報を判断する
・衆議院の優越=任期が短く解散があり。民意を反映されやすいため
・国会は国権の最高機関であり、唯一の立法機関である(41条)
・二院制の理由=審議を慎重に行うため
・衆議院→小選挙区比例代表並立制
・小選挙区制=一つの選挙区で一人
・大選挙区制=一つの選挙区で複数
・比例代表制=政党に投票し、政党の投票率に応じて議席を配分
・戦況の重要性=選挙は国民が政治に参加する重要な機会
・選挙の4原則= 普通選挙、平等選挙、直接選挙、秘密選挙
・棄権が多くなっている理由=政治への無力感、無関心。政策に違いが分かりにくい
・その対策法=投票時間の延長、期日前投票制度、マニフェストの作成
・国民の政治参加方法=選挙、直接請求、請願・署名、政党活動などなど
・1922年=全国水平社
・1985年公布=男女雇用機会均等法(改正1999年)
・自由権
  ∟・身体の自由=不当に行動の制限を受けない権利
  ∟・精神の自由=心の中で物事を考える権利
  ∟・経済活動の自由=職業、営業活動を行う権利
・社会権=生存権、教育の受ける権
・生存権=すべて国民は、健康で文化的な、最低限度の生活を営む権利を有する
・教育を受ける権利=社会の中で豊かに生きるための能力を養う
・勤労の権利=すべて国民は働く権利を持つ
・労働基本権=弱い立場のある労働者の保障→団結権、団体行動権、団体交渉権
・参政権=選挙権、被選挙権、請願権、憲法改正の国民投票権、国民審査権など
・国民の義務=義務教育を受けさせる権利、勤労の義務、納税の義務
・環境権、知る権利、プライバシーの権利、自己決定権

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。